ノニの血圧を下げる効果

スコポレチンは血圧を下げる

ノニに含まれるスコポレチンは血管、血液、血圧の正常化作用や抗炎症作用があります
スコポレチンは血管を拡張して抹消血管を拡張して血圧を正常にします

スコポレチンはノニ以外のものでもありますが単独では
血圧が下がりすぎるのが動物実験であきらかになっています

ノニのスコポレチンは果汁などで飲用するのでセロトニンなどの成分との相互作用により
正常な値までさがりますが、それ以下には下がりません

スコポレチンには動脈硬化の予防効果があり
血行を改善して脳梗塞や脳出血、心筋梗塞、狭心症などの予防につながります

スコポレチンの抗菌、炎症抑制効果

ノニを飲むと皮膚や内臓、関節など抗ヒスタミン剤や炎症抑制剤と
同等の抗菌、炎症抑制効果があります

スコポレチンの他モリンドン、モリデンなどが皮膚や体の菌の増殖を抑える作用があり
水虫の白癬菌などはノニを塗布することで抑えることができます

スコポレチンが改善できる炎症は
関節炎、リウマチ、腰痛、筋肉の炎症、腱鞘炎、四十肩、胃炎
胃潰瘍、肝炎、腎炎、腸内、内臓の炎症、皮膚炎、通風、口内炎
カンジダ症、やけど、しもやけ、打ち身、とこずれ、感染の炎症
アトピー性皮膚炎や喘息、花粉症などアレルギー性の炎症などがあります